キャリアアップ

ポモドーロ・テクニック

今日はグローバルヘルスには直接関係ない、仕事の効率アップに関するテーマを選んでみました。

みなさんポモドーロ・テクニックを耳にしたことはありますでしょうか?

ポモドーロとはイタリア語でトマトという意味ですが、Francesco Cirillo が学生時代にトマトの形をしたキッチンタイマーを使って25分程度の短時間に集中してタスクをこなす方法を思いついたことに由来しています。基本的な考え方としては、

  • こなさなくてはいけないことを、25分ずつのブロックに分ける
  • 25分経過したら、5分程度の休憩をとる
  • 25分のブロックを4回こなしたら、少し長めの休憩をとる

提唱されている効果としては、

  • なかなか手をつけられず、先延ばしになっているタスクに取り掛かりやすくする

面倒な作業に取り掛からなくてなならないとなると、なかなか気が乗らないものですが、少しでもいいのではじめると、意外と作業が進んだりするものです。ポモドーロ・メソッドでは、一つのブロックが25分で、25分取り組めば5分の休憩が取れるので、なかなか手つかずのまま放置されていた作業も、取り掛かり安くなります。

  • 一ブロックを25分という短時間に区切っているので、集中力を高めやすい

学校の授業のように1時間単位のブロックを作ると、なかなか乗り気になれない作業だと途中飽きてしまったり、集中力が途切れたりしがちです。また、1時間まるまる全く邪魔が入らない状態を作るのは、リモートワークであってもなかなか難しいと思いますが、25分ですとそのハードルも低くなります。

私の普段の仕事はデスクワークが多いのですが、リモートワークであっても、ひっきりなしに電子メールの着信の通知が来たり、電話がかかってきたり、同僚からのショートメッセージが届いたりとなかなか集中して物事に取り組む時間が取れない時も多々あります。メールを一日3回だけチェックする、と決めてみたことおもありましたが、仕事柄緊急で対応が必要な場合があることもあるので、1日3回だけだと間に合わないこともあるのです。また、複数タスクを同時並行でこなすこともありますが、そうするとどの作業もあまり効率よく捌けていない感じがしていたことから、何かいい方法はないかと思って探していたときにこのテクニックについて知りました。

私の個人的な感想としては、

メリット

  • 気が乗らないタスクに取り掛かるきっかけ作りには良い
  • 25分であれば、メールも電話も一切対応しないと気兼ねなく決めることができ、作業に集中することができる

デメリット

  • 自分の気が乗っている作業だと、25分で休みとなると、作業の流れがひっきりなしに中断される感覚もある。初めは素直に5分の休みをとっていたが、その場合はその5分がもったいない気がした。
  • 逆に、気が乗らない作業だと、休憩を5分きっかりに終えてまた作業に戻るのが難しいこともある

私は、短期間集中して作業を進めたいときに、このポモドーロ・テクニックを使うようにしています。みなさんも一度試してみてはいかがでしょうか?ポモドーロ・テクニックは自分でタイマーを使ってもいいですし、アプリもあります。私はGoogle Chromeの拡張機能のオプションを見つけたので、そちらを追加しました。

参考にしたウェブサイト:

https://francescocirillo.com/pages/pomodoro-technique

https://en.wikipedia.org/wiki/Pomodoro_Technique

-キャリアアップ